10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
今後の予定

iPhoneImage.png
『先輩、服を着てください』
『ヨンコマ。』
2017年9月14日(木)〜24日(日)
遊空間がざびぃ

iPhoneImage.png
『乱歩奇譚 第2話』
2018年4月
新宿シアターサンモール

iPhoneImage.png
鈴木区のLINEスタンプが登場!!
【鈴木区のゆかいな仲間たち】
全40種/100円
ダウンロードはこちらから♡
プロフィール

iPhoneImage.png
鈴木智晴(すずきともはる)

劇作家/ナレーター
1979年1月11日生まれ
所属事務所 ALBA
つづきを読む

メッセージを送る

メッセージや仕事の依頼、決闘のお申し込み等はコチラのフォームへ。
返信をご希望の方は、
お名前・メールアドレスをお忘れなくご記入ください!!

Powered by NINJA TOOLS
Twitter
Others
Mobile
qrcode
リンク
アーカイブ

Sponsored links

『先輩、服を着てください』『ヨンコマ。』公演ふり返り!(たいへんな今更感)

公演から二週間経っちゃいましたが、しれっと書き始めますね…。

 

 

iPhoneImage.png

劇団東京都鈴木区第16回公演

『先輩、服を着てください』

チームおないどしの4人芝居公演

『ヨンコマ。』

 

公演、ぶじに終演いたしました!!

 

いや〜、疲れた〜!(小並感)

鈴木区としては、ひさびさの二週間公演。

2013年に『ヒーローアゴーゴー!』で二週間公演を打ったことはあったんだけど、昼夜の間にネタやったり踊ったりとずっとフザケ倒していたあの頃とは体力的なあれこれが異なるようですな。ヨボヨボ。でもやっぱり長期間の公演はイイ。それだけ長く作品と向き合えるし、『先輩〜』に関していうなら、初日と千秋楽とでは「別作品なんじゃないか」ぐらいの成長を遂げられていたような気もするし。とてもいい経験ができました。

結果として、過去公演の中ではブッチギリの笑い声をいただけた二作品だったのではないかと。

 

…なあんてキレイゴト書いてるけど、本音をいうと、もうぼく

スッカラカンだったんですよ。

ここまで鈴木区を8年やってきて、4月に大きな原作舞台やって、スッカラカンだったんですよ。なーーんも書けねえ〜! って部屋で一人叫んでました。

そんなタイミングで引っ越しまですることになって(色々ありまして。 ※結婚じゃないよ)、環境も変わって、もうこれは開き直ろうと。いうことで、子どもの頃から好きだった読み切りギャグ漫画をベースにスピード感のある作品を書こうと。そして今年に入って、親戚友人含め、思うところのある結婚式に参加することが続いたこともあり

「ネタにしたれ」と。

やぶれかぶれで書いた超本音の作品が『先輩、服を着てください』。

 

その上、二本立て公演ということで、こっちも書くことねえよってことで(笑)、じゃあもうええわ自分を曝け出したれ! と、やぶれかぶれになったのが『ヨンコマ。』だったり。

 

 

40を前にしたこのタイミングで、最高に追い込まれた状態で書き上げたこの二作品。

こんな経緯もあり、劇場でお客様に楽しんでもらえたと実感できたときは、ホントに報われた思いだったなぁ…。

 

 

さてここから、公演をふり返っていきますね。

 

 

『先輩、服を着てください』

この作品では初めての演出にトライしています。

これまでは、ワンシチュエーションをベースにサビの部分で立体的な演出を使うスタイルだったところを、前述のとおりもうネタ切れしてる身なので、全編通してギャグ漫画のテンポを駆使してとにかく爽快な読後感を目指したスタイルで勝負してみたんですが、いかがでしたか?

作品の瞬発力や安定感という面では、こっちのスタイルのほうが今後の僕らに合っているのかな〜、なんて思ったりしてます。

 

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

話題騒然?のオープニングアクトですが、これも鈴木区初。

どうですか。2.5次元帰りの鈴木の実力は(笑)。

タイトル文字の書かれたTシャツをもってお尻フリフリしているわけですが、キャストたちには「ここは本来はプロジェクションマッピングで字を投影しているものと思ってくれい」と口酸っぱく伝えてました。

そう、本来は、あくまでオシャレな、ね、シーンにね、なる予定でしたよ。と。

 

ちなみにどうしてオープニングを入れたかというと、これをやらないと単純に蔵部テルムの着替えが間に合わないからです(笑)。

 

iPhoneImage.png

そして、いよいよ遊空間がざびぃを遊び飽きた僕らは、これまた新たな舞台美術にチャレンジしてみましたよ。

それがこの「必殺! ロールカーテン」。

クライマックスシーンのカーテン地獄、あれはイメージ通りできたと自負。

がざびぃの天井の低さを存分に活かしたシーン展開ができたのではないかと思ってます。

ラストシーンからのカーテンコールへの演出は個人的に超好きです。

 

iPhoneImage.png

仕込み現場は、こんな。

これ、劇場入りしてから初めて現物をいじってるので、不安もいっぱいあったんですなあ。じょうずにやれてよかった!

ご覧になってない方はぜひ公演DVDで、その勇姿を。

 

iPhoneImage.png

そして今回から新たな仲間も加わりました。

劇中曲をすべて担当してくれたMARINA NEOちゃん。

主題歌「永遠にずっと」はじめ、彼女の奏でる音楽が今公演を大きく包んでくれていたことは言うまでもありません。

若い才能との出会いに感謝!

 

 

さてここからは怒濤のキャスト紹介!

 

iPhoneImage.png

新郎役・蔵部テルム/土田卓

今作の主人公にして鈴木区初登場、まさる君。

彼とは2015年に客演した『アンジール』という作品で出会って(当時のブログ参照)、それ以降、鈴木区公演をずっと観に来てくれていたこともあり、このたび相思相愛が叶い晴れて拉致ることができました。

ぼくらにはない正統派の演劇を武器にする俳優で、現場にいい緊張感を流してくれましたよ! 次はイロモノで使いたいなあ。←

 

この役は、ストーリー上だらしがない序盤から一転、終盤で一気にオセロの角を取る存在。いかに観客の視点をコントロールできるかがポイントなんだけど、さすがは演劇界のトレンディスター。本音吐露で見事にぶっ刺してくれました。

 

ちなみにテルムの漢字表記は「照夢」。名前の由来は…「てるみくら ゴホッゴホッ!

 

iPhoneImage.png

新婦役・蔵部ユイ/川添美和

物語上、序盤はヒールとして登場する、離婚調停中の奥さん。

まさかまさかの、今年挙式を挙げたばかりの新婚さんにオファーです。デリカシーないなあ俺(笑)。

これ本人にも言ってない裏話なんだけど、みーたんと初めて出会ったのが6年前の『弁護士バイロン』で、今回、山口キヨヒロくんが当時の役で登場していることもあり、本来はみーたんにも当時の役で出てもらってキヨくん演じる小米田弁護士とバチバチやる…っていう設定を考えてました。

が、今年3月に彼女の挙式で司会を務めた際、「ヒロインをやったら面白そう!」と感じ、ユイ役に変更。

過去最高にハツラツと演じてくれた印象で、なんだか嬉しかったな!

 

もちろん、舞台上に登場する小道具の多くを担当してくれましたよ。

 

iPhoneImage.png

新婦友人

種垣リホ/桐山菜穂(左)

桃見ミサ/戸田早奈美(右)

鈴木区DVD第一弾『BLT』に登場した愉快キャラ二人。

今作が「志ノ村フーコ」の結婚式をベースにした話ということもあり、あれから15年くらい経った彼女らが再度の登場です。この写真のポーズは、BLTのオープニングのキャラ紹介時のポーズだねきっと(自分らで勝手にやってた)。

誰だったかな? 稽古場でこの二人のことを「トンズラーとボヤッキー」て言った人がいて、それ以来もうずっとドロンジョ一味の部下にしか見えず、舞台上に出てくるだけで面白いという、今作のコメディパートを支えた陰の功労者。

 

iPhoneImage.png

弁護士・小米田猛/山口キヨヒロ

じつは『Tune!』以来なので1年半ぶりの登場となる山口キヨヒロ。6年前に演じた小米田弁護士としての登場です。

成長したな〜、の一言。人間的にも、役者的にも。

何年経っても、とても才能ある俳優である印象には変わりないなあ。もっと舞台上で見たい!

 

iPhoneImage.png

弁護士・リリコ オニヅカ/綾野アリス

鈴木区作品には一人いる「よう喋るキャラ」。演じたのは初登場、綾野アリスちゃんです。

アリスちゃんは、見目麗しいルックスからは想像できない熱血スタイルの女優で、感動すら覚えたなぁ〜。

鈴木区に関しては『弁護士バイロン』の頃から観てくれていて、ずっと「出たい!」って言い続けてきてくれたんだとか。2月の『ヘッドライン×デッドライン』終演後に話しかけられたのがキッカケで今作のキャスティングに至りました。

演劇って出会いであり、ご縁だよな〜と。つくづく。今後もガンガンご一緒したいね。

 

iPhoneImage.png

4歳児・蔵部未知路/宝田直人

登場キャラ発表の時点で話題沸騰だった、4歳児・ミチル君。

劇場での大笑いをかっさらってはいたわけだけど、コメディ的にはとっても難しいキャラだったりするのよね。演劇よりはフィクションに、されどコントにはいかず、みたいな。じゃないとラストの感動には至らないわけで…。

それを飄々と演じてくれた宝田、成長したなあ〜。でかしましたよ。

 

iPhoneImage.png

ベンチャー社長兼アートディレクター・パール寿司/黒岩拓朗

2年前に鈴木区初登場し、それ以降、きっちりレギュラーの座に鎮座している拓ちゃん。

脚本的にはこのキャラの「気分」がそのままストーリーに直結している設定で、その、コントなのか演劇なのか、というギリギリのラインを攻めてくれました。お見事!

終盤の某シャワーシーンのためだけに、稽古中もずっと筋トレしてたなあ(笑)。

もとは距離感のある芝居をするタイプだったんだけど、年々ハートフルな俳優になってきている印象。いいぞもっとやれ!

 

iPhoneImage.png

ウェディングプランナー・草冠ヴィラ/山口征秀

見た目完全にし○ちゃんじゃん! と誰もが思いつつ口にしなかった孤高のキャラ。

ちなみに僕は、生理的にこのビジュアルが好きくない(笑)。

観客にも愛されるキャラではあったのだけど、ぐっさんはねえ、ここら辺から破って欲しいよね、「ぐっさんという殻」を。

 

iPhoneImage.png

制作会社社長・肩賀来勝/中川むっく

最初から最後までずっと胡散臭さの塊だった肩賀来さん。劇場入りしてからもどんどんネタが強化されていってたなぁ〜…(笑)。

ぶっちゃけた話、ノーマルな芝居もできる人なので、執筆開始ギリギリまでテルム役にするかで悩みまくりました。

でも逆に、こういうキャラの役割をきちんと演じられるって、凄いことなんですよ。

普通もっと「ちゃんと俺も評価されたい!」って欲が出そうなもんなんだけど、むっくちゃんてば、きっちり徹してくれて…感謝!

 

余談ですが、彼のシャツは本来『ヨンコマ。』で衣裳に使おうとしていた物だったんだけど、追い剥ぎに遭いました。

 

iPhoneImage.png

肩賀来の部下・上部祭斗/本田一誓

肩賀来さんと並んでイロモノ担当の上部くん。これもずっとフザケ続けるポジションを遂行してくれましたよ。

この関係性の元ネタは、昨年にやった『ラストオーダー90分』のコンビ(当時のブログ参照)。居酒屋なんかでもホントに相性のいい二人で、今後どんな作品でも、ずっと二人の絡みを見ていたいぐらい。

 

…て思いが強すぎて千秋楽にはスピンオフ「桃色の君」を上演しちゃいました(笑)。

ミュージカル形式の構成で、一幕のラストに命を落とした肩賀来さんの想いを二幕では新たな恋に(ry

※詳しくはDVDで!

 

iPhoneImage.png

占い師・紫嵐/橘実咲季

物語の隠れキーマン。「主人公そそのかし」担当。

きっちりピンポイントで笑いのシュートを決めるあたり、成長したねえ。

前作ヘドラから、あえて本田と橘という二人をイロモノにキャスティングしているんだけど、物語を俯瞰して楽しむ演劇を今のうちに吸収していってほしいな。という主宰からの愛EYE。

 

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

居酒屋 大将/宮岡あづさ(左)

裁判チョ/鈴木智晴(右)

こちらの作品では名脇役役に挑戦のこの二人。いかがでしたでしょうか?

 


今回は二週間公演ということで、合間にイベントも打ちました。

iPhoneImage.png

鈴木区と行く、疑似グアム旅行!(笑)

てるみくらぶ倒産という悲劇を芸に昇華してやったぜー!

他、本作のネタ元である『BLT〜学校編〜』の応援上映なんかも。小劇場としては初の試みじゃないかな? こちらはこちらで大盛り上がりだったので、今後いろんな作品でもやってみたいかも。

 

 

さてお次!

 

『ヨンコマ。』

本公演のオマケとして上演した4人芝居の企画公演。

おないどしの4人による密室会話劇。

スケジュール含めもろもろの事情で単独公演は不可能とぼくらも思っていたのだけど、ある日、「鈴木区公演を二週間にして、その合間合間にブチ込んじゃえばできるんじゃね?」と思いつき強行。

結果、すっげぇ疲れたけど(当然か)、そのぶん充実感もハンパなく、禁断の果実をおいしくいただく結果に。

 

結成20周年を目前に控えた劇団の企画会議モノということで、執筆前にあたり、いろんなことを考えました。

ストーリーにおける起承転結をどれくらい濃密に凝縮にしていくか、などさんざん悩んだものの、結論としてたどり着いたのは、

「逆に何も起こらない、無味無臭な物語」。

世界中で今のぼくにしか描けない作品であると、間違いなく自負できる仕上がりになったのではないかと自負しております。

 

 

ではここからキャスト紹介!

 

iPhoneImage.png

ひーくん/間島淳司

マジ兄とは2012年の『ヒーローアゴーゴー!』以来の付き合いで、その後『朗読劇 キミが、No.1』などにも登場してくれたものの、舞台上でガッツリ絡むのはほぼ初めて。

同世代を生きている人間として、一緒にやれて嬉しかったなあ。

とはいえね、日ごろは声の仕事を生業にしているということで、色々とハードルはありましたよ。ええ。

がしかし、「セリフあんま無いんで!」「カンペ用意していいんで!」なんて騙し口上でオファーしといて蓋を開けたらガッツリ出番があるという、鈴木区名物「ちゅーん寺島パターン」で華麗に口説き(笑)、今回の出演となりました。マジごめん!

 

iPhoneImage.png

作中では、架空の劇団「冗談半分」の脚本と演出担当、舞台となった部屋も「ひーくん家」という設定。

舞台美術家・愛知康子さんによるスタイリッシュデザインで、『先輩〜』からのワンチェンジでここまで変容する仕様だけでテンション上がったな〜。

 

iPhoneImage.png

ひーくんが使っていたMacBookはぼくの私物。

今はもうニューマシンに乗り換えちゃったけど、2011〜2017年初頭まで鈴木区の全作品を生み出してくれた名機です。一緒に舞台に上げたかったんだあ。

 

iPhoneImage.png

おみつ/宮岡あづさ

今作の紅一点であり、この企画の発案者。正直、近年は向き合って芝居する機会もなくなっていたんだけど、ひさびさにガッツリと絡めて楽しかったな。

ボケでもツッコミでも回しでもない役回りでありながら、作品の空気感を一番出してくれていましたよ。

さりげなく鈴木区の演劇の支柱になっている存在!

 

iPhoneImage.png

フッチー/鈴木智晴

ご存知、ぼくです。

今回数年ぶりにしっかり役者しました。飲んでるアルコールはガチのやつです美味しかったです。

 

iPhoneImage.png

よっつん/伊智生士冶

鈴木区旗揚げ以降、要所要所で鈴木区に現れる伊智くん。

千秋楽に彼が放った「時を司る人」は鈴木区のエピソードの中で早くも既に殿堂入りに(笑)。

この企画は、旗揚げ公演で一緒にやった伊智くんがいてこそみたいなところもあったので、願いが叶ってホントよかった。

ちなみに伊智くん、去年ぐらいから猫を飼い始め、それがまたヤンチャな子らしく手足に生傷がメッチャあった関係でそれを隠すためにハーフパンツキャラをやめて長ズボンを与えたのに、「暑い」という理由で七分くらいまでまくし上げられた状態で板に立つというワイルドさを披露(結果、生傷見えてる)。さすがだぜ!

 

 

iPhoneImage.png

この打ち上げの写真、すげえ好き。

 

iPhoneImage.png

パンフ撮影のとき、遊びで撮った一枚。

テーマは「階段にまばらに座ってかっこつけてみてる奴ら」。ひと昔前はこんな感じのチラシいっぱいあったのよ。

出来映えが面白くって、上演台本の表紙にしちゃいました!

 

なお、このときみんなで着てる「劇団冗談半分Tシャツ」はココで買えます。

https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/commodities/QHUjAxM?locale=ja

世界最高峰のユニクロクオリティ。着心地抜群ですよ!

 

iPhoneImage.png

演劇には「再演」というモノが存在するけど、このメンバーがこの年齢でこの作品に出られるのはこれが最後。

(正確には2018年の5/13※マジ兄誕生日 だけど、現実的に無理〜)

そんな刹那的な瞬間を劇場でご一緒できただけでも、共演者やお客様には感謝です。

この作品はDVDになり、なおかつ、ぼくら4人による後日談的なオーディオコメンタリーも収録されてますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

 

公演DVDのご予約はコチラから!

http://suzuki-ku.com/shop/

10月いっぱいまで予約受付していますので、ぜひ買ってね!

 

 

と、このようにお贈りいたしました鈴木区第16回公演。

ぼくら鈴木区は、年に数回、劇場でしか存在できない生き物です。なのでこうやって一回一回の公演を全力で生きるしかないのです。

今回は1000人以上の方にご来場いただけました。

もちろんご来場が叶わないという方もいらっしゃると思います。

でもご安心を。いつでもぼくらは、最新作が最高作です。

これから先もがんばって続けていきますので、いつかどこかの劇場でお会いできるよう、お待ちしておりますね! ぺこり。

 

 

続きを読む >>
| 17:33 | ふり返りブログ |

慰安旅行

公演を終えてからというもの、残務処理的なものとか12月の若手公演の準備とか他団体さまの脚本執筆とか、ワーっとやっとりまして、
一回リフレッシュしちゃえ!てことで

温泉きてます。


源泉かけ流し100パーセント。
最高にきもちいいわー。
ここ一年くらいは大きな仕事後に温泉! が定着してきてるなぁ。至福。



宿で食べたおにくが美しすぎて。


ランチのおにくもまたしかり。


落ち着いたら公演もゆっくり振り返る予定ですので、しばしお待ちくださいね。
| 00:21 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

お、わ、り!

鈴木区公演、終わりました!

過去最高の笑い声、そしてすすり泣き声をいただけた二作品でした。
今のじぶんが出せる、精一杯のカタチであったと胸を張れます。

ここからはしばらく休みます。MPゼロです。仕事はあるけど、休みます…休み…ます。
| 19:07 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

鈴木区、絶賛上演中!

先週木曜からスタートした鈴木区公演、いよいよ折り返し。


笑いと涙の超絶多幕劇『先輩、服を着てください』

iPhoneImage.png

 

完全密室会話劇4人芝居『ヨンコマ。』

iPhoneImage.png


どちらも好評をいただけていてド安心! 嬉しい。

 

お客様の感想ツイートなど

https://togetter.com/li/1151563

 

いや〜、劇場入りの朝に大寝坊カマしたりはしましたが、とにかくハードな週末だったなぁ。

『先輩〜』の1、2ステージを終えたあと『ヨンコマ。』の初日を迎えるというハードなスケジュールで(自分で組んだんだけど)、心の底からシンプルに「疲れた」ーー。

ヨンコマに至っては本番前夜からのリハを含め、6回フルで通したしね。計6じかん!

それでもやっぱり演じている時間は楽しい。至福。

先輩に関しては、キャスト・スタッフのみんなの力で踏ん張り&加速していっている感じで、みるみる成長してます。

 

どちらも大切な我が子(作品)。

年に2〜3回しかこういう機会はない身なので、ぜひ観ていただけましたら幸いです。
http://suzuki-ku.com
※チケットはほぼ完売してしまっていますが、当日券用のスペースはございます。

 

 

さて、後半戦もかっ飛ばすぞ。

| 03:09 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

乱歩奇譚DVD発売イベント

昨夜は、舞台『乱歩奇譚』DVD発売イベントでした!

久しぶりにキャストたちとも会えて、楽しかったなあ〜。

 

iPhoneImage.png

 

僕も途中だけ、大スクリーンで本編を観させてもらったんだけど、すごく刺激的だった。

もっとああすればーとかこうすればーとか当然あるけど、何より、乱歩奇譚として一つの形になっていたことが嬉しかったり。

上江洲さんが壇上で仰っていた

「アップデートされた最新の乱歩奇譚」という言葉に、嬉しさと緊張感…。

次回は2018年4月に「第2話 パノラマ島の怪人」が決まってます。

次も原作の名に恥じぬよう頑張ります。

ご来場くださいました皆様、DVDご購入の皆様、ありがとうございました。

 

主演のコバヤシ役・高橋李依ちゃんと。

iPhoneImage.png

 

映像で見るその表情はまさに乱歩作品における小林少年。改めてすごい子だ。

ちなみに写真は、どさくさにまぎれて僕もビューティをプラスしてもらっちゃいました。

肌キレイ! 口角下がってる!

 

 

さあーて、明日は鈴木区劇場入り。

ここから怒涛の非現実が始まります。ご覧になられる方はどうぞ楽しみにしていてください!!

 

先日の、最終稽古終わりのビール写真!

iPhoneImage.png

| 17:00 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

公演一週間前っていう、この時間に。

この記事を書く前にふと、過去の記事(2009年11月、前事務所を退所した報告)を読んだんだけど、なかなか面白かったなぁ……。

あの当時はツイッターやSNSも今ほど主流でなく、ぼく自身も(信じられないことに)声優専門誌でコラムページを持っていたりと「長文」を書く機会が多く、「ネットに言葉を発信する」という意味合いも今とちょっと違ったものだった気がする。

今回も公演パンフレットのコメントを書いたりもしてるんだけど、長文が苦手になってきちゃってる気がして……これはよくないなぁ……ウム。

 

なあんてふけってはいるけど、来週には鈴木区公演が控えております。過去ふり返っとる場合かオイ。

 

人のまわりには時間が流れていて、その経過と共に景色やにおいも変わってくるものだけど、舞台公演のいいところは

「そのときの自分の感性で、タイミングよく集まった仲間たちと、自分たちの時間を作れる」

ことにあるのかなあ、なんて最近感じます。

「そしてそれを、同じくタイミングの合った方と共有ができる」。

 

今作も、そんな時間の流れの中で偶然生まれた作品で、現状とても面白く仕上がっています。

 

……本来こういう宣伝文句は集客のために放たれるものだと思うけど、鈴木区の場合ハコが小さいこともあり(とはいえ今回は最多の11ステージありますが)嬉しいことにその必要はなく、じゃあ何故? かというと、ぼく自身が「ホントに面白いと感じている」からに他ならないわけで。

文字の溢れた現代ではこんなエゴも埋もれてしまうのかもだけど、それでもこれが今のぼくらの全てなわけでもあるので、あえて発信させてください〜〜〜。

というわけでした。ぺこり。

 

 

劇団東京都鈴木区

『先輩、服を着てください』『ヨンコマ。』

http://suzuki-ku.com

2017年9月14日(木)〜24日(日)

※公演期間中に二作品を上演します。

 

すでに完売回や残席極少回もありますが、お時間よろしければゼヒ観ていただけましたらと思います。

 

 

そして、舞台『乱歩奇譚』、鈴木区『Tune!』の公演DVDも皆様のもとへ届き始めているようですね。

生の舞台とはまた違った観え方があるかと思いますので、こちらも楽しんでもらえましたらと思います。

9月11日(月)にはシネマサンシャイン池袋にて『乱歩奇譚』DVD発売イベントも。

http://rampokitan.jp

キャストの皆とは久々の再会だし、まずこの日の楽屋が楽しみ!

| 12:58 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

公演10日前を切りました!

今、本番10日前を切り、鈴木区の稽古も最終フェイズに入ってるんですけど、

『先輩、服を着てください』
とんでもない作品に仕上がってます。

 

特に今日の稽古はすごかった!

 

終了後おもわずペンを投げ捨て「100てん!」と叫んでしまうほどの熱量。

初めてトライするスタイルの演出で勝負を試みてるのだけど、これも、今の自分にメチャメチャしっくりきてる。
今後のぼくの作風のスタンダードになる、かも……!?
そういう、いい予感。

 

チケットは完売回も出ていますが、今回は二週間ございます。
可能であるかぎり一人でも多くの方に観ていただけたらなぁと、おもいを馳せています…。
http://suzuki-ku.com

 

もちろん、同時上演の『ヨンコマ。』も仕上がってきてます。

どちらも楽しめるコメディ作品ですので、ご覧になられる方はぜひ楽しみにしていてくださいね!!

(遠方にお住いの方は応援よろしくお願いします!!)

 

 

iPhoneImage.png

鈴木区ニューTシャツもできました!

モデルは山口キヨヒロくん(左)と黒岩拓朗くん(右)!

 

iPhoneImage.png

グアム帰りのMARINA NEOちゃん(右)からお土産いただきました!

ステキな楽曲を提供してくれています。

あるシーンではあまりのハマり具合に稽古場で拍手喝采が!

左は主演の土田卓くん。

開演3分の時点で汗だくになって挑んでくれてます。凄いぞ!

| 17:40 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

ザ モモタロウ

いやしかし凄い夜だった!

漫画『THE MOMOTAROH』リスペクトのオールナイトトークイベントその名も
『MOMOTAROH伝説 〜天孫降臨…なんつって!〜』
無事に?いや、大大大熱狂のもと終えられました。

神ことにわのまこと先生にもご登壇いただき、あの名シーンの裏話や数々のギャグ誕生秘話、さらには、誰もが気になる「もんがーダンス」のメロディラインまで(!?)、たっぷりこんもりの4時間!
30年前の自分にこの感動を伝えてやりたい…。
今年はモモちん生誕30周年ということで、このあと、どんどんヤバい発表があるそうで、そんなこと全く知らずにイベント組んでた我々もステージ上でビックリの連続。
あー、楽しみ! まずは来週のやつが楽しみ!

共にイベントを作り上げた山口キヨヒロ、稲田徹さん、宮森セーラちゃん、そして“すっとばさないほうの”間島淳司さんにも感謝です。
マジでノンストップなマシンガントークでしたね。皆、凄い。

さてさて第2回があるのかないのか、なMOMOTAROH伝説。あるのかな?ないのかな?
どちらにせよ、

「次は500年後に会おうぞ〜」
(ぺっと頭蓋骨を吐き捨てながら)



終宴後、にわのまこと先生を囲んで。



「アメトークでいう狩野英孝ポジション」で登壇のゲスト、宮森セーラ!


鈴木区から戸田早奈美と本田一誓がお手伝いに。


当日のメニュー。
生ビールは「ファイナルエルボー」!

なんと楽屋の壁にモモちんが…!!?
| 11:17 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

縁日


近所から賑やかな祭囃子が聞こえてきたのでふらりと出向いてみたら、ビールとたこ焼き貰えた。わーい。
| 15:47 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

夏してる?

昨日はパンフレット撮影、からの稽古。
HP、MPともにスッカラカンだったけど、稽古後はみんなでビアガーデン!! 楽しかったぁー。



ここどうしたらいいんだぁーと頭を抱えていたシーンも稽古場でクリアーでき、スッキリ。
今回も愉快なキャストに支えられて、笑いの絶えない現場です。



公演詳細はこんな感じ。
http://suzuki-ku.com

離婚寸前の夫婦が、第三者の結婚式ムービーに新郎新婦役で出演することになってしまったという、お察しのとおり、コメディ作品です。

劇団東京都鈴木区も今回が第16回公演だけど、過去最上級の「全力学芸会」。
(乱歩奇譚とかでカッチリした演劇を作ったので、その反動か、ホームでハッチャケようという思考に)


さあさあ、よってらっしゃいみてらっしゃい!
劇団東京都鈴木区
『先輩、服を着てください』
一ヶ月後に開演です。

| 13:34 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

当ブログにおける画像・文章等を含む、すべての素材の無断転載・使用・配布を禁止します。
Copyright(c) 2008-2009 Tomoharu Suzuki All rights reserved.