07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
プロフィール

iPhoneImage.png
鈴木智晴(すずきともはる)

劇作家/ナレーター
劇団東京都鈴木区 主宰
1979年1月11日生まれ
所属事務所 ALBA
つづきを読む

メッセージを送る

メッセージや仕事の依頼、決闘のお申し込み等はコチラのフォームへ。
返信をご希望の方は、
お名前・メールアドレスをお忘れなくご記入ください!!

Powered by NINJA TOOLS
Twitter
Others
Mobile
qrcode
リンク
アーカイブ

Sponsored links

完結編


書き物の仕事はいったん離脱させていただき、昨日からガッツリ舞台『乱歩奇譚』準備。
今年で完結編。
僕としても大きな外部公演はこれで区切りとなります。
すべてを絞り出して、すべてを注ぎます。
http://rampokitan3.scissors-blitz.jp
| 00:21 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

『ミュージカル時給探偵』を終えて。

あーーー楽しかったなあーーー「じきゅミュ」!!

 

…というわけで

 

鈴木区 第19回公演

ならびに

10周年記念公演 第1弾

『ミュージカル時給探偵』

無事に終演したしました!!

 

いや、ミュージカル!? ぶざけんなよ、って話だけど。

結果、最後の最後まで、ふざけ倒した公演でした。

 

観てくれた方、心よりありがとうございました!!

 

 

もともとは。

今年に入って、生まれて初めて「演劇とは?」と真面目に考える機会があって(今さら笑)

もう一度、自分自身で何かを実感してみたくて企画した公演でした。

あの小さな空間に詰め込んだ『時給探偵』ワールド…結果的に僕の大好きな空間になりました!!

 

『時給探偵』はね…初めて書いた台本で…しかも書き始めたキッカケは「暇だったから」で…。

そんな作品を、今回ミュージカルという魔改造でお披露目できて、

ほんとに小さな公演だったけど、

…幸せでした!!

このタイミングで『時給探偵』を選んで正解だったなぁ〜。

たくさんの笑い声、嬉しかったな!

10年前の作品だけど、その間もキャラたちはずーっと生き続けていて、そこに「息を吹き込む」感触。

そして、息を吹き返したキャラたちが時を超えてまたたくさんの笑い声を生み出してくれる…。

この感動は演劇の「再演」ならではだよね。

 

鈴木区にはまだまだ愉快で魅力的なキャラたちが存在します。

その子たちにもまた光を当ててあげたいな! これからの10年で。

 

にしても、10年経ってもこうやって、汗まみれで必死にセリフを言ってる自分を客観視してみて、

「開かない玉手箱」をいじってる気分に(笑)。

 

そんな10年の遍歴がこちら。

だいぶ顔にもアジが出てきたかな?

どんなタイミングの自分の顔も、これまでの人生が反映されてる感じがして、僕は好き。

10年前の僕ではできない空澤木ココゴロウをやれたとは思ってる。

 

若い力にも助けられました。

今回の振付・ステージングの横見恵ちゃん。

いや〜、やりにくかったろうよ。

だって、23歳の女の子が40近いおっさんたちのおふざけに付き合うんだもの(笑)。

それでも秘めたる天才度をいかんなく発揮してくれました。ありがと!

 

iPhoneImage.png

そして…相変わらず写真を撮り忘れるMARINA NEOちゃん。

(飲み会時の写真をどうぞ)

今回の劇中歌&BGM担当。

もうね…

ド天才!!

よくもまあ…作ったな、これ!

舞台『やがて君になる』で凄まじい曲数をやりながら、並行して、だからね。

シンプルに凄いなと。

これからもきっとずっといっしょにやっていくだろうけど、もうずっと、寄りかかって生きていきたい!(笑)

 

 

他にもたくさんたくさん感謝したい人たちいっぱい。

この場を借りて、ありがとうございます。

今後もわがまま言わせてください。僕ぁ幸せモンですよろしくお願いいたします。

 

 

さて、ここから登場人物紹介。

 

iPhoneImage.png

探偵助手・駒小舞とまと…戸田早奈美

初演時から9年半の時を経て、とまと君再臨!

変わらないなぁ〜。どういう細胞してんの、戸田くん…?

今回いっしょに歌ったりしたことで、間柄もより親密に描けたのでミュージカル凄げぇなと。

時給探偵は、とまと君のキャラありきで書き始めたホンでもあるので、再び会えて嬉しい。

10年前はね。

本番前にナーバスになりすぎて、舞台袖で「大丈夫だから、いけるいける!」ってメンタルコントロールしまくったものだけど、

10年経ち、こいつ本番前ダラダラしてやがったからね!

成長したな〜って。

もしかしたら10年後も、しれっととまと君やってたりして!(笑)

 

iPhoneImage.png

管理人・鎌掘幹太…村井成仁

出会いは、村井くんの結婚式の司会を人づての紹介で僕が担当したこと(笑)。

彼はミュージカル畑の俳優なんだけど、

そのときに「ミュージカルの俳優さんって面白いなあ」って感じたのが出演依頼のキッカケでした。

結果、大当たり!!

こんなに鈴木区にハマる俳優さんいるかね!? てぐらいフィットしてくれました。

彼のストレートプレイも観たいけど…やっぱミュージカルで遊ぶ彼も観たいなあ!

今後も是非、声掛けしたいナイスガイでした。出てね!

 

iPhoneImage.png

純喫茶バイト・横間すみこ…朱野みゆき

昨年の『魂殻少女』以来の出演。

いやあ〜、才能の塊なんよ、この子。

昨年は初舞台だったけど、今回は、ちょっと違うトーンで稽古場に現れたからね。凄まじい成長。

敢えて比べるけど、初演でメンバー桐山がこの役をやった時はもう少し悩んでた気がする(笑)。

正直、犯人だし、気負う部分も多かったと思うけど…キャリア以上の仕事してくれたなあと感じる。

根っこは完全に女優の空気感を纏った、いい声優なんよ。

個人的にはもっと舞台にたくさん出てほしい!

 

iPhoneImage.png

純喫茶オーナー・瓶茶太郎…奥田努

13年の『ヒーローアゴーゴー!』以来の登場、おっくん。

いやあ〜狂ってんな〜!

今回の座組はみんな仲良くて・かつ飲みも多い集団だったんだけど、その空気作ったのは全部おっくん!

芝居は言わずもがな信頼できるんだけど、その他の部分のクレイジーっぷりが、なんだか一昔前の鈴木区のようで。

このタイミングで再会できてよかったなあ!

…一応フォロー。この人、ほんとは芝居上手くて二枚目なんだからね!?(笑)

 

iPhoneImage.png

女学生・芥川ブースコ…日野まり

出た、怪優・日野まり!

初演から一番イメージチェンジしたのはこのキャラじゃなかろうか。

でも空気感は同じものを出してきてくれて、あーいーなーと。

この子は声優にしとくには勿体無いけど、声優としても、即刻ブレイクできる力を持ってるのよ。

きっとすぐに遠くへ行ってしまうかもだけど、その前夜に、こうして鈴木区と遊んでくれるのが嬉しい!(笑)

なんだろう、日野ちゃんを見てると「役者って面白い」って思えてしまう、不思議な存在。

きっと僕らとは、なんかの器が違うんだろうな。

 

iPhoneImage.png

美熟女ポリス・酒唾ツカサ…清瀬凌

初演には存在しなかったキャラ。

初演の台本を見返したときにあまりに破茶滅茶だったので(笑)、リアリティラインをキープする役割として投入したキャラです。

正直に言うと、メンバーの山口征秀(デカ長)や、橘実咲季(ヘドラのときの婦警)にオファーを出して、まあ、もろもろダメで(嘘だろメンバーなのに!?www)、

ここぞというときの頼れる存在としてご依頼した女優さんでした。

いい仕事してくれたなぁ〜。

通称:おりょうさん、凄いんだよ。

いい声だし、芝居は安定してるし、人はいいし…一昔前はSDガンダム描いてたし、俺の教え子でもあるし(!)。

縁しか感じない女優さん。今後も出て欲しい。

にしても「さかつつかさ」という唾しか飛ばないような役名…いい名前だよね!

 

iPhoneImage.png

死体・笹原業…野町祐太

いやあ、こいつは凄い!!

この役をこんなに活き活きと(死体なのに)魅力的に演じられるなんて、奇跡に近い!

正直、稽古の途中くらいから野町のポテンシャルにビビり始める俺がいて…。
空澤木さんの代役もお願いしたりしたんだけど、うンまいのよ!!

とあるお客様に

「冒頭や中盤は語り部として喋りかけてくれたのに、ラストシーンは一言も喋らない。ああ、この話は『人が死んでる話なんだ』と気づかされる役割でした」

と指摘されて、無意識ではあったけれど、確かになと。

彼のおかげで『時給探偵』の世界はコメディになったなって思ったものです。

 

iPhoneImage.png

探偵・空澤木ココゴロウ…鈴木智晴

ご存知、僕です。

ひっさびさに汗だるまで芝居できて、かつ主役で、年齢的にこーゆーのどうなの?って思うけど…

僕は何がしたくて演劇・ならびに鈴木区しとんねん?という悩みを、この公演が吹っ飛ばしてくれました。

やっぱ芝居、超楽しい!!!

ずーっとコレやってたい!!!

正直、10年前よりラストシーンのキレは増してると思うの。

演ってて楽しかったし。

それまでのコメディからのラストの落差こそが鈴木区なんだな、って今回感じました。

そしてそれをできるのは僕なんだな、とも(頑張れ、本田・宝田!)。

マジで、心の底から、今このタイミングで、やっていい役でした。

 

最後に。

iPhoneImage.png iPhoneImage.png

ギンギン丸

マダムの飼いネコ、ことギンギン丸くん。

初演は「コチョちゃん」ていう茶色系だったけど、今回は赤い首輪のロシアンブルー。

可愛いのよ〜、この子。

横に写ってる茶色い巨獣は、うちのギンギンま…つう太くんです。仲良し!

 

 

今回は、鈴木区10周年てことだったんだけど、だからといって

大規模とか絶対やりたくなくって。

いつまでも、こぢんまりと、

観たい人が観たい公演でありたいなと。

それは商業演劇を何作品か齧ってみて、より濃厚に感じたものでもあり。

近さ・距離感・熱量が、小劇場のいっちばん面白いとこだもんね。

この次の10年も、ずっと大事にしていきたい部分。

 

今回もたくさん「何故この規模の劇場に!?」系の方はいらっしゃったけど、

旗揚げ記念日である千秋楽には、寺島夫妻が観にきてくれました。

もうね…勝手な思いだけど…ファミリーなんだ。

寺島くんは旗揚げ公演も、初演の時給探偵も観てくれてるし。シンプルに嬉しい。

『Tune!』という、記念すべき公演も一緒に作れたしね。

 

また一緒に何か、やりたいね。

 

 

打ち上げに行ったお店では、10周年を祝ってもらっちゃいました〜!!

橘は別件のモーションアクターの仕事でこの場にはいなかったけれど、久々のメンバーと。

嬉しい、有難てえ。

(橘はこのあと合流しました)

 

誰だい!? こんな粋な真似した奴ぁ!

 

ゴキゲンな鈴木を添えて。

 

お客様(プロのアニメーターさんだ!)

が描いてくれたイラスト。

嬉しすぎ、家宝にします!!

 

そうそう。

初演時の終演後、この作品のエピローグを書いたんです。

小説で!(笑)

割と気に入ってるので、おヒマな方は是非どうぞ!

『時給探偵 〜ドキッ! とまと君の湯けむり温泉殺人事件〜』

http://suzuki-ku.jugem.jp/?eid=36#sequel

 

 

公演を終えて。

ここ数年、外部を含めて色んなことを経験できて。

いいこともそうでないこともあったけれど。

全ては、今僕自身が感じているモノに繋がっていくためのものだったんだなと、今は思います。

すべてがうまくいっているだけじゃ気付けないことも人生にはあるのだなぁと。

 

鈴木区、10年やってこれました。

メンバーも結婚したり引退したり。今や音信不通の客演さんもいます(笑)。

色んなものが通り過ぎていくわけだけど、それでもやっぱり気づいた。

 

僕はここが好き!

 

これからはもっといっぱい鈴木区をやっていきます。

一つひとつを大切に。次も楽しい10年にするために!

 

応援をよろしくお願いいたします! ぺこり。

| 21:27 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

『ミュージカル時給探偵』本日開幕!

あーまた長いことブログ放置。
書くのが手間なのがイカンよねぇ〜。

という言い訳。

さて。本日からついに始まります
『ミュージカル時給探偵』
鈴木区10周年記念の第1弾です。

このブログをえらいこと遡ると、初演時(2009年)の記事とかも出てきたりして

「あー続けてきたなー」と。しみじみ。
今回はそれだけでは飽き足らず、ミュージカルに魔改造。大賑わいの作品にアップグレードされていますよ。


レコーディングもしたり。


ダンスもしたり。

ここから劇中曲&メイキング見られるよ!

https://www.youtube.com/watch?v=NDD6up9Lszs


集まってくれたキャストも、今この瞬間じゃないと出会えない仲間たちでね。
初期の頃の鈴木区座組のような、ヤンチャさと危うさを併せ持った酒盛り集団だから出費もハンパないけど!(笑)

劇場近くの居酒屋さんでボトルキープしちゃいました!
待て、まだ本番始まってないんだぞ!?

 

 

10年前のこの時期に旗揚げしてこれで19回公演。企画公演を入れたらもっと。

それだけ続けてもずっと同じ規模感をウロウロしてる感じは理想でした。

成長しないという形の成長!

これからも、ずっと、永遠に…!
演劇って楽しいんだ! ステキなんだ! 幸せなものなんだ! っていうのを久々に全身で感じられています。
ここしばらく、演劇に関して自問自答する時間が続いた分、より濃厚に…。

やっぱり僕の居場所はココ。
全部失ってもココがいい。
と思える場所を作れたことは、このしょーもない人生の中で唯一の宝だね。

──て言い過ぎか!

あ、初日ステージ(6/20木19:30〜)
劇場から本番のようすを生配信します!

このチャンネルだよ。

↓↓

https://www.youtube.com/user/suzukiku09/live

観てね〜!
 

 

さて、ぼちぼち劇場行く準備します!
めいっぱいがんばりますので、応援よろしくお願いいたします!!

ぺこり。

iPhoneImage.png

| 12:58 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

帰ってきた! 監死カメラ

長くお世話になっているホラーシリーズが復活したとのことで、先日ナレーションの収録へ行ってきました!

『帰ってきた! 監死カメラ』

というタイトルなのですが、こちらは2012年にスタートしたシリーズでずっとナレーションを読ませてもらっています。

 

だいたいこんな作品。

https://www.youtube.com/watch?v=Jbnh3oYHJpU

 

監督さんたちと収録後に。

 

そもそも『ほんとに映った! 呪いのビデオ』シリーズが大好きなので、はじめにお話をいただいたときは感涙モノだったわけですが、携わってみると、まぁ〜楽しい。

(…ホラーなので楽しいは違うかもだけど)

ナレーターなので映像を観ながら読んだりもするわけですが、当然映るわけですよね、

 

人ならざる者の姿が。

 

一人、ブースの中で「え今のまじ!?」とかいってテンション上がる上がる。

最近は映像なしの原稿のみで収録することもありますが、文章を読みながら「えコレ今どういう状況!?」とドキドキしながら読んでます。

 

てなわけでなんだかすっかりライフワークになってるこのシリーズですが、『監死カメラ』の他に『境界カメラ』というシリーズもあるんですね。

で、先日の収録のときに

 

戴いちゃいました、DVD!(缶バッジ付き)

 

何気に完パケを頂くのは初めてだったので(完成披露などはあった)、超うれしい!

ホラービデオというと怖いイメージが強いと思いますが(当たり前か、他に何が?)傑作な映像も多いので、もしどこかで触れる機会がありましたら是非お手に取ってみてください。

 

ちなみに僕の一番好きなエピソードは

「除霊猫」のやつです。

(『監死カメラ13』に収録されている「I am 日本人」てエピソード)

 

あのときは笑いすぎてさすがに収録止めた…! 気になるあなたはチェックしてみてね☆

| 11:10 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

『舞台やが君』にふれて

昨日をもって、脚本と演出を務めました舞台『やがて君になる』が終演致しました。

応援してくださいました皆様、ありがとうございました。

 

はじめにお話をいただいたのが昨秋のこと。
その日のうちに原作を買い拝読し、

6巻で爆泣き(電車の中で)

その後、アンソロジー作品やスピンオフ小説、アニメなど「やが君界」にどっぷり浸かり、2月から執筆に入りました。

キャストオーディションなんかもこの時期でしたね。

宝物のようなキャストたちと出会うことができました。

他のメディア版をなぞることないよう、原作の中に息づく人物と皆で向き合い、舞台版でしかできないものを作ろうと挑んできた充実の稽古期間でした。

 

結果、上演中の水を打ったような客席の静けさ。

客席全体が、「観る」ではなく「観守る」意識を保ち続けてくれている信頼感。

わずかな仕草も、一音も、表情も、観逃してはいけないという緊張感の中で、この物語は表現されました。

こんな素敵な時間・空間を過ごせたことは、演劇人として貴重な体験です。

一人、PCに向かっていた2月のじぶんに教えてあげたい…。


 

ツイッターでは、「イヤしかしよく二時間にまとめたねキミィ」的なご意見を多く頂戴しています。

(そういうところまで感じ取ってもらえるのは有難いやら照れ臭いやらですが…)

仲谷鳰先生の描かれた物語をダイジェストにしないためにも、これまでやったことのない手法を試したりしました。

本邦初公開。それがこれです。

 

ナンジャコレ!?

って話ですが、説明すると──

一度原作をプロットに分解し、その上に、人物ごとに色分けしたレイヤーを重ね感情の流れを書き込み、

自分なりに全体を把握した上で、起承転結に影響する必要箇所を抽出していき、それを二時間の時間尺に当てはめていく、

って作業のやつです。

 

iPadのイラストアプリを使用しましたが、利点は、各登場人物はレイヤーで重ねているので、必要に応じて

消したり濃くしたりできるんだぜー!

 

…決して、ただApple Pencilを使って何かしたかった、ってわけじゃないよ。そう、決してね。

 

これらがうまく作用していたかどうかは初日の幕が開くまで正直わかりませんでしたが、初日が終わり、カーテンコールの拍手を聞いて初めて胸を撫で下ろせた感じです。

鈴木区まわりの人たちも軒並み「やが君」にハマってくれたのがとても嬉しかったなぁ!

普段は鈴木区の劇伴も手掛けてくれているMARINA NEOちゃんによる劇中音楽もやが君の世界にマッチしてましたね。

オープニングアクトに関しては、大切な主題歌「君にふれて」の使用を許諾してくださったアニメスタッフの皆様のお心遣いに、胸が詰まるばかりです。

ラストシーンに関しては、すでに既出ですが、稽古最終日前夜に原作者・仲谷先生の書き下ろしのセリフに変更されました。

カーテンコールの侑と燈子の芝居含め、座組みんなで作り上げた自慢のラストシーンです。

 

 

今回が初観劇という方も多かったと耳にします。

どう?

演劇もなかなか面白いでしょう?

 

今回、声を掛けてくださったトライフルエンターテインメント様には、感謝の気持ちしかありません。

公演は14ステージ中13ステージが満席完売。

(うち1ステージは、大型連休明けの平日公演だったのでやむなし!)

プロデューサー様も仰ってましたが、女性キャストの舞台でこれって演劇界では凄まじい快挙なんです、ホント。

関われてしあわせな、今後もきっと誇れる、そんな公演です。

 

じつは僕自身も個人的に苦しい気持ちがあったりしたのですが、『やがて君になる』の現場に心救われてきていました…。

本当に、本当に、助けられました。ありがとうございました!

 

 

原作の物語は秋まで続くそうです。

…侑と燈子、今後どうなっちゃうの!?

最終の8巻は、イチ「やが君界」の住人として、ページをめくりたいと思います。 ぺこり。

| 23:59 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

『ミュージカル時給探偵』稽古はじまってたりチケット予約受付開始しそうだったり!

みんなー! いよいよ、

令和一発目の鈴木区公演のあれこれがおっ始まりましたよー!!

 

『ミュージカル 時給探偵』

鈴木区公演もいよいよ19回目。10周年の一発目です。

ほぇ〜、長くやってきたなぁ〜。

10年前に書いた処女作が、ミュージカルに魔改造されての復活です!!

 

初演のあれこれは、このあたりのブログを読むと伝わりやすいかも?

http://suzuki-chan.jugem.jp/?month=201001

 

 

てなわけで、早速あれこれも始まってますぞ。

 

まずは歌稽古。

 

…歌稽古!?

 

 

楽譜を片手に、MARINA NEOちゃんの熱烈指導のもと、みんなで歌練習。

ひえええ難しいいいいい。

そもそも楽譜読めないいいいい(笑)。

 

さらにはここに…

ダンスも加わる未来が待ってる…!!

 

どうなっちゃうのー?

ちゃんとやれるのー?

 

ヤダ、未知すぎて逆に楽しい。

 

そしてもちろん、

芝居の稽古も始まってます!

この日は、いわゆる「ホン読み」。

 

いやぁ〜、笑った…。笑い過ぎて汗だるまになった…。

これはもうあれだ

歌もダンスもなくても大丈夫なやつだ。

(元も子もない発言)

 

 

新しいチャレンジ。

とにもかくにも最後まで楽しみきるぞー!

 

さて、そんな「じきゅミュ」ですが、

いよいよ明日(5/11)からチケットの予約が開始です!!

 

予約はコチラから。

https://www.quartet-online.net/ticket/jikyumyu

 

うわあああ、みんな観に来てくれると嬉しいいいいいい。

6ヶ月ぶりの役者舞台です。ぜひに!

 

 

PS

今日、母が東京へ来ていたのでいっしょにごはん食べました。

こういうの初めて?だったので、なんか新鮮でした!

 

猫と対面する母!

| 02:31 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

舞台やが君 開演しました!

脚本と演出を担当しました

舞台『やがて君になる』が開演しました!!

 

令和一発目の舞台。

初日に客席でお客様と共に作品に触れ、「やっと完成したな…」と一息。

繊細で透明な物語。いかがでしょうか?

僕自身が原作の大ファンなので、ツイッターでの感想には報われた想いで目を通させてもらってます。

 

脚本を執筆する際は、

「名シーンのダイジェスト版にだけはしない」

これだけを意識しました。

 

僕自身、原作モノの映画なんかを観て一番ガッカリするのが

「こーゆうの好きなんだろ? ん?」

的に名場面をホイホイ放り込まれただけのものを充てがわれた瞬間なので、それだけは絶対にイヤだなと。

 

侑と燈子、二人の主人公がひとりの人間として二時間の物語の中で価値観を変容させていく姿を丁寧に描きたいと、原作ファンとしては覚悟を決めて挑みました。

舞台オリジナルのシーンも、受け入れてもらえたようで安心しています。

 

演出面では、

「スペースゼロという広い空間でいかに“二人きり”の会話を成立させるか」

を考え、全体の構図づくりに励みました。

スペースゼロ。

僕にとって過去最大の劇場でしたが、なんとか形にできたかな…と。ふう。

 

 

てか、

初日終えた時点で「#舞台やが君」が

ツイッターのトレンド入りしてて泣きそうになった!!

すごいよ…やが君界の住人としては感謝しかありません…。

 

原作の仲谷鳰先生にも楽しんでいただけたと聞き、もう、感謝とおり越して成仏しそうなこころ持ち…。

 

公演12日まで続きます。

僕はいったん劇場を離れてしまいますが、信頼できるキャスト&スタッフの皆に作品を託しているので不安はありません。

作劇中のもろもろは公演が終わったらここで語らせてください!

 

 

戴いたスタッフTシャツが可愛すぎてテン上げ〜♡

| 00:30 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

あばよ平成、よろしく令和。

2ヶ月もブログ書いてなかった〜!!

 

と平成のことをボヤいてもしょうがない。

あばよ平成、よろしく令和。

きもちも新たに、新時代を生きようねぇ。

 

 

令和の僕はといいますと、ざっとこんな感じです。

 

5月

『やがて君になる』

脚本演出

http://yagakimi-stage.com/sp/

 

6月

『ミュージカル 時給探偵』

脚本演出出演作詞

http://suzuki-ku.com

 

8月

『乱歩奇譚 〜怪人二十面相〜』

脚本演出

http://rampokitan3.scissors-blitz.jp

 

9月

『マルガリータピザ 1stcut』

演出

 

11月

鈴木区のホニャララ公演 ←6月にお知らせ!!

 

 

などなど。

ありがてぇ、ずっと演劇できてます…。

がしかし秋以降は働きません温泉に行くんだ絶対 !!(きっぱり)

 

目下、令和ホヤホヤの明日は『やがて君になる』の場当たりDAY!

今週末にはいよいよ本番ですよ。

とても良い空気の座組で、なおかつ原作者さまからのお力も頂け、力を合わせての作劇体験ができました。

原作は、僕自身すっごく大好きな作品で、関われていることに感謝です。

 

その後は、じきゅミュこと、鈴木区の公演『ミュージカル時給探偵』が待っています。

僕の処女作を魔改造しての再演。

歌だのダンスだの、未知のことすぎて、ワクテカが止まらない…!!

 

そして『乱歩奇譚』も動いてます。

完結編ということで、すさまじい情報量の作品となるでしょう! 乞うご期待。これはすごいよ。

 

 

いよいよ【令和】

…新時代かぁ〜。

未来なんて予測できないから何とも言えないけど、僕にとって、これまでとは大きく環境の変わる日々となりそうです。

 

あ、そうだ。きもちも新たに、

新しく財布をお迎えしました!


上が、佐藤仁志さんから戴いた長財布で、下が、今回お迎えした小さな財布。

とても気に入っていたので同じブランドの、同じ色合いのものをチョイスしました。

どちらも大事に使っていきたい!

 

いっぱいお金入ってこ〜〜い。(本音)

 

 

幸いなことに。

ここ数年、仕事の質や収入の部分では、だいぶオトナになれたなと感じています。

鈴木区として活動してきた10年も充分に今の僕のキャリアに成り得てる。ひとつも無駄のない人生であると。

自分のダメなところも、イイところも、なんとなく見えてきた40さい。

とはいえ世間一般の求められるものに応えられる男にはなかなかなれそうもないけど、最低限身の回りの仲間には、胸を張り誇れる鈴木になれるよう邁進します。

頑張りますので応援よろしくお願いいたします。鈴木区ともども。

 

ぺこり。

| 00:47 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

篭る。


基本、引き篭もる日々です。
先日、まだ未発表の演目の、脚本第1稿を完本。

ふぅと一息つく間もなく、その足で品川プリンスの劇場へ。8月の『乱歩奇譚』で使うとこ。
イマジネーションの広がる劇空間でした!!


昨夜は6月の鈴木区のために衣裳打ち合わせしてきつつ(写真は衣裳担当のメンバー谷口菜摘)、今日は今日で、3月末の「三陸コネクトフェスティバル」用のシナリオ執筆の日々。

こうして何かしらの活動をやれている環境に感謝!



あっ!
先日、鈴木区まわりの愉快仲間と餃子パーティーやってきました!
笑った〜楽しかった〜。

春になったらまた表に出ます……(笑)。
| 21:16 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

大入袋が二つ

一ヶ月間の稽古期間を経て、

先日、舞台『OUT OF FOCUS!』終演いたしました!

 

iPhoneImage.png

はじめての座組で戸惑うことも多かったのですが、作品に対して、現状の自分なりのベストを尽くしました。

もちろん! 今後はもっともっとベスト値を高めて、プロとしての腕を磨いていかなくてはなという反省もあります!

この10年分の学びを得られた公演でした。
お声掛けくださったトライフルエンターテインメント様、

キャスト・スタッフの皆様、

そして劇場へ足を運んでくださった皆様も、ありがとうございました!!


あと今回、僕にもお手紙やプレゼントの差し入れも頂きました。
中には、むかーーしの鈴木を知ってる方からも…!?
劇場でのたくさんの笑い声、嬉しかったです、ありがとうございました。

 

 

そして、千秋楽の翌日。

 

 

いきなり鈴木区の企画公演の劇場入り。からの照明スタッフでした(笑)。

 

iPhoneImage.png

昨年に続いてのコント公演。スタッフの身でありながら、笑った笑った。

連日満席で賑やかな空間でした!

 

iPhoneImage.png

この短期間で大入袋を二つもらったのも、人生初体験。

 

iPhoneImage.png

翌日の仕事があったので中座しましたが、打ち上げも楽しかったなあ。

ひさびさの鈴木区まわりの人たちと!(ここにメンバーは僕しか写ってません)

 

iPhoneImage.png

メンバー戸田早奈美が発起しての企画、今後も続けてほしいな。

 

 

個人的には心身共に人生で最激動の一ヶ月でしたが、今は今で、書き物の仕事をこないしています。

ずっと人に会ってた期間から、在宅で、猫と二人っきりの生活に…。

この振り幅も楽しいね!

 

 

あ、鈴木区の次回公演をお知らせしたんでした!!

 

iPhoneImage.png

次回作はまさかの2.5次元“風”ミュージカル!(笑)

僕の処女作をバージョンアップさせての再演作となります。

http://suzuki-ku.com/next/

 

公演日は10年前に旗揚げした日程。

おもいきりハジけたやつを繰り出したいと思います。がんばるぞ!

| 02:06 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

当ブログにおける画像・文章等を含む、すべての素材の無断転載・使用・配布を禁止します。
Copyright(c) 2008-2009 Tomoharu Suzuki All rights reserved.