02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
プロフィール

iPhoneImage.png
鈴木智晴(すずきともはる)

劇作家/ナレーター
劇団東京都鈴木区 主宰
1979年1月11日生まれ
所属事務所 ALBA
つづきを読む

メッセージを送る

メッセージや仕事の依頼、決闘のお申し込み等はコチラのフォームへ。
返信をご希望の方は、
お名前・メールアドレスをお忘れなくご記入ください!!

Powered by NINJA TOOLS
Twitter
Others
Mobile
qrcode
リンク
アーカイブ

Sponsored links

ヒロアゴ少女、脱稿!

『ヒロインアゴーゴー! あの日の魔法少女〜』脱稿ぉぉぉおお!!!
とんでもねぇもん書けた!!

 

この作品で引退でもいい!
て思えるもの書けたので今はとっても満足してます。

さあここからは演出脳の出番。

がんばれ俺! たたかいはつづく!


でもいやすごくね? 公演終わったの火曜ですよ?

てわけで明日、急きょ箱根行ってきます!
魂の故郷!

たのしみー!

| 01:45 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

#ダダダダダ 終えました。

いつもはこのブログにえいやと書きますが、今回は、今流行の「note」っていうのに書いてみました!

https://note.com/suzukichan79/n/n30f302bb9128

 

お手間ですが是非ご一読をば!

(一部有料ですが基本的には無料部分だけで書ききってます)

| 23:38 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

ダダダダダのうちダダダくらい終えました。

先週から始まってます、

アリスインプロジェクト

『DANCE DANCE DANCE ダークダンジョンバージョン』


連日客席も大盛り上がり!

ご来場者数も着席率90%以上をキープしてるようで嬉しい。

若いキャストですが瞬発力やノリが良く、楽しんでコメディしてくれています。

 

メンバーの戸田早奈美と橘実咲季もドッカンドッカン笑い取ってくれてて誇らしい。

人に歴史あり、じつは戸田は、10年以上前にアリスイン立ち上げ前の企画公演『みすてり!』に出演していた経験あり。
今作キャストの誰よりもアリス歴が長いという歴史ありなのよ。

からの戸田は、シアターKASSAIの“こけら落とし公演”にも出ていたり。
稽古場として使っていた施設はかつて劇場だった場所で、そのこけら落とし公演は鈴木区が上演していたりと、歴史を知る身としてはKASSAIはパワースポット!
だからこそ今回は感慨深し ひとしお。かつ、人に歴史ありを実感。

ひたすら若いけど今もそう変わらんね。磁場狂ってんのかい?


そして実咲季と初めて芝居した場所もシアターKASSAI。

あれから9年。大きく強くなったね。

 

 

これを書いてるタイミングで、全18ステージ中12ステージを終えました。

ダダダダダのうちダダダくらいまで来ましたね。

同じモノを作っていても日々反応が異なるのが、何年やっていても緊張感があって楽しい。

芝居は生き物。呼吸してるんだなあ。

| 14:49 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

来週本番!

「じゃあ時間まで筋トレしてて」

って演出家おじさんのボケをきっちり回収してくれるキャストたち、最高。

い〜い座組だなあ〜。

 

来週もから本番。

アイドル舞台、ガールズ演劇、色々呼び名はありますが、完全な…

鈴木区のコメディに仕上がってます(笑)。

 

アリスインプロジェクト

『DANCE DANCE DANCE ダークダンジョンVer.』

脚本 麻草郁/演出 鈴木智晴

1.30-2.11 池袋シアターKASSAI

| 01:20 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

2020年本厄。あけました。

というわけで本厄だ!

何かが変わるわけではないんですけど、まず第一に健康面! と思ってます。

飲酒中の顔が赤らむ率も上がりましたしね……クッ。

せっかくやりたいこととやれることがリンクしてきた時期なんだし、そこらへんで躓きたくないわあ。健康第一、これですな。


あ、そうだ。この流れでナンですけど、鈴木、

 

会社立ち上げますよ!!


本厄の分際で!!

 

といってもこれまで個人だったのを法人化するだけですけどね。

本厄にやることかい? て我ながら思うけど、劇団やってナレーターやって講師業やってシナリオライターやって……とまあまあパーソナルがワーットナルになってきたので(ここでゲロスベる)、ここらで一つ、自分はこういう人ですょと言える器を用意しようかと。

ただねー心配なのはねー想像を絶するルーズさだからね俺ー。

大人に怒られないように緊張感持ってこ!

こういうのがどんな形になろうとも「生きてる!」「楽しい!」「やってよかった!」そう思える感性でい続けたいな。

 

 

そんなこんなでまもなく41歳。

2020年はどんな一年になるかしら?

 

昨年は外部のお仕事を優先しすぎたおかげで自分が表現する時間をロスしちゃったからなぁ〜。

今年はその辺の自己満足も大事にしていきたいねぇ!

 

あけまして2020年。

これを読んでくれている皆様にも良いことがあるといいな。その「良いこと」の一つが、僕のやったことだったりすると尚いいな。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます! ぺこり。

 

元旦 鈴木智晴(54年生まれ/本厄)

| 13:47 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

2019年の活動報告

じつは前厄だった2019年。

気づけばもう40歳、もろもろ身体のことも気をつけていかないとね。

 

2019年は、なんだか、不思議な一年でした。

鈴木区10周年イヤーだー! とか浮かれてたのも束の間、これまで現実を直視せず生きてきたシワ寄せがドシャアッ!! と押し寄せてきて、苦しいな〜シンドいな〜って瞬間もありましたが、今こうして、生き長らえた状態で年末を迎えられていることをきちんと受け止め、今後に活かせていけたらと思っています。

この一年で、自分が何を大切にし、何を守っていかなくてはいけないのか、今後の闘い方がハッキリ定まった感。

おかげさまでちょっとだけ強くなれました。よかったよかった。

 

さてお仕事ふり返り。

芝居に関しては、なんと8本も作りましたよ。


2月

トライフルエンターテインメント『OUT OF FOCUS!』(演出)

3月

三陸コネクトフェスティバル『朗読劇 妖怪になろう』(脚本・演出)

5月

トライフルエンターテインメント『やがて君になる』(脚本・演出)

6月

鈴木区『ミュージカル 時給探偵』(脚本・演出・出演)

8月

シザーブリッツ『乱歩奇譚 Game of Laplace〜怪人二十面相〜』(脚本・演出)

9月

マルガリータ企画『シャンタンスープ』(演出)

11月

鈴木区×よしもと『ラストオーダー90分』(脚本・演出)

12月

SUPER NEKOCHANS『ヨンコマ。』(脚本・演出)

 

で、今は年明け1〜2月公演の『DANCE DANCE DANCE』稽古中。

ほか、年始にはゲームシナリオの仕事もスタートさせ、2タイトルに関わらせてもらってます。

 

 

……。

………。

…………。

 

 

働 き す ぎ だ !!

 

 

なんてこった。

ラクして生きることが生き甲斐なのに、明らかに頑張ってるじゃないか。

よくない、よくないぞこれは。2020年は気をつけよう。

 

息抜きとしては、7月に箱根・強羅、8月にタイ、9月に大分(これは仕事で)へ行ったりしてギリギリ充実。

プライベートでも大きな変化があったりと、好事魔多し、的な総括でした。すべては今後の糧。

 

 

2020年は、

前述したアリスインさんの舞台演出に始まり、

 

4月頭に鈴木区『ヒロインアゴーゴー!〜あの日の魔法少女〜

 

5月末に鈴木区朗読『朗読劇 BLT』が待ってます。


来年の鈴木区のテーマは【新たな出会い】。

楽しみしかない!!

(この2つの公演に関しては、年明けにでもまた詳しく!)

 

 

とにもかくにも印象的な一年でした。

2020年はどうやら本厄なんですが、本年で得た学びをきちんと活かしつつ、しっかり遊んでしっかり休んで意地でもいい一年にできるよう努めましょうねぇ。

続きを読む >>
| 01:28 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

ダダダダダだ。

『ヨンコマ。』終わってまもないですが、本格スタートしてます、

アリスインプロジェクト『ダンス×3』。

略して#ダダダダダ。

http://aliceintheater.info

 

演出での参加ですが、なかなかに若さ溢れる現場で、

いンやー、みんなノリが良くって楽しいわー。
なんなら平均年齢20歳以上離れてんちゃうかって感じなので、現場でのイメージ的には、ちょうどこんな感じ。

 

 

 

 

みんな大好き、山のフドウだょ!?

 

 

さておき。

芝居はとても面白く積み上がっていると思ってます。

ああ、ミザンス付け楽しい。

ミザンス付けだけしていたい人生だった。

 

芝居は、まだまだ荒い部分もあるけど、それでも光る子は光るし。

演技しながらキラキラしてる俳優を目の当たりにすると心底幸せな気持ちになるね。うん。

 

稽古場ではもっぱらiPad派です。

上江洲誠さんから譲り受けたマシンでドヤりながらApple Pencilを振り回してます。爽快だ!

 

クリスマスイブの稽古ではピザを取りましたよ!

なんか…うん…そんな空気だったし…!(くそう!)

でもまあこんな笑顔見られたならオールOKかな? なんだろう、この親戚の子たち感。

ミンナゲンキダネー!

 

イブの稽古後は、メンバー戸田&みさきと寿司ブッカマ。

戸田はExcelを駆使し、みさきは得意の殺陣指導をしてくれたりと、心強いぞ。ありがとう!

一ヶ月後には本番だけど、今から作品の完成が楽しみ!!

 

 

──って、鈴木区のことも進めなきゃじゃないか。

| 01:50 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

『ヨンコマ。』終演しました。

SUPER NEKOCHANS SHOW

『ヨンコマ。』

全5ステージを終えました!!

「イベント内芝居だから」

的なノリでふんわり動き出した企画でしたが、終えてみれば、素晴らしいクオリティのコメディが出来上がったなと満足しております。決して大きくない劇場でしたが、たくさんの笑い声が響いていて気持ちのいい空間でしたねぇ。

やっぱり劇場は楽しいなあ!

 

アクロスエンタテインメントの若者たちとはほぼ初めましてだったけれど、彼らが一丸となって、

「イベント内芝居だから」

的なノリと戦ってくれたことで、こんなにもエネルギーのあるステージが生まれたんだなと。演劇は規模の大小じゃないんだなと。

そんなようなことを、2019年最後の公演で改めて知ることができました。感謝!

 

 

すーねこず主宰の奥田耕大。

結果的にこーだいの持つ人間力が生んだ空間だったように思う。

 

こーだいとは2015年秋に『ハロー、ハローマス』という舞台で出会って、そこから何本か一緒に芝居を作ってきた中で、この『ヨンコマ。』が彼にとっての一つのゴールのようなものなんだろうな〜、そんな印象を、稽古開始当初から感じたり感じなかったりしながら、のんべんだらりんと作劇してまいりました。

企画立ち上げ当初は、2年前に僕が演じた「フッチー役を」と二人で話してたんだけど、待てよと、最後のあのセリフを言うのは耕大しかいないんじゃないかと、そんなふうに感じ敢えて「ひーくん役を」演じてみてはどうかと提案したのは僕です。

これがハマったなあ!

鈴木区版は背向けにしたひーくんの涙を、すーねこず版はガッチリと彼の表情を見せる演出に変更しました。彼ならきっといい顔してくれると信じて。おかげで、明らかに鈴木区版の『ヨンコマ。』とは違うものになったし、彼のポテンシャルもフルに活きたんじゃないかな?

千秋楽の抜き打ち交通事故へのリアクションは笑ったわ〜。

 

 

他にも、紀ノ貴紀くん、吉田龍介くん、レノ聡くんと、アクロスさんには魅力的な俳優がいっぱいいて驚く。

いい意味で部室のようなノリの集団でちょっぴり羨ましかったりね。是非また一緒に芝居したい。

あとまさか自分の脚本に憧れの人物の名前を書く日が来るとは……とも(彼らの事務所の大ボスだ!)。

 

 

どっちがどっちか判別しにくいけど、ダブルキャストの女性陣もグッジョブでしたお疲れ! 逞しかったぞ!

左:橘実咲季

右:日野まり

男ばかりの劇空間において難しいポジションだったかと思うけど、二人ともい〜いコメディエンヌっぷりで終始安心して見られました! 客席とのこの距離感の中、自らの言動(芝居)だけで観客の心を動かす体験は絶対に自信になるので、今後に活きてくれたら嬉しい。

 

 

『ヨンコマ。』は僕が39の時におないどしの俳優を集めて上演した作品です。

あれから2年。

僕はまだ続けているし、なにがあっても目を背けさえしなければ夢は途絶えることのないものだと思います。

色んな言い訳は自分を気持ちよくさせてくれるけど、大事なのは、目を背けず、そんな自分を肯定できるかどうか。

否定はなにも生まない。

糧にして、他者を動かせる何かに変えていけるかどうか。


個人的にもまあまあ激動の2019年の締め括りを『ヨンコマ。』で無事にオチつけられたことは、我ながらいい選択だったなと思っています。気持ちよく新年を迎えられそうで何よりだぜー!
 

おかげさまでいい形で終えられました。

観てくださった方も関わってくれた方も、ありがとうございました。

 

 

こーだいはじめ、出演者の皆がこれから先どんなコマを歩んでいくのかはわからないけど、この公演をいつか映像でふり返ったとき、

「あ〜、あの時のあの公演がったから今の俺たちがいるんだ〜」

とか思ってくれちゃったら嬉しいな。

| 13:21 | ふり返りブログ |

7本

明日は脚本演出舞台の初日。

2年前に鈴木区で上演して、同業者まわりから「自分らもやりたい!」の声が上がりまくった、完全密室会話劇の4人芝居です。

今作が、今年7本めの公演初日です。
今年はいっぱい携わったなぁ…。
愛される作品となりますよう祈るのみ。
| 00:22 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

ニポンシュカーイ!

佐藤聡美ちゃんのツイッター上での呟きから始まり、
昨夜は「日本酒を呑もうの会」してきた。



お店は不肖ワタクシのオススメ、新宿の某店。
ここは四季折々の日本酒が置かれていて、サービスも良く、良質なお店。
食べ物も美味しかったねぇ。

お水を挟みながら、かれこれ10種類近く呑んだかなぁ…?
皆にもご満足いただけて幹事ひと安心。


寺島くんには『ヴァルプルギス』薦めてみたので、感想が楽しみ!!
| 13:50 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

当ブログにおける画像・文章等を含む、すべての素材の無断転載・使用・配布を禁止します。
Copyright(c) 2008-2009 Tomoharu Suzuki All rights reserved.