06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
今後の予定

iPhoneImage.png
フジテレビ・ノイタミナ原作
『舞台 乱歩奇譚 Game of Laplace
〜パノラマ島の怪人〜』
2018年4月13日(金)〜22日(日)
新宿シアターサンモール

iPhoneImage.png
鈴木区のLINEスタンプが登場!!
【鈴木区のゆかいな仲間たち】
全40種/100円
ダウンロードはこちらから♡
プロフィール

iPhoneImage.png
鈴木智晴(すずきともはる)

劇作家/ナレーター
劇団東京都鈴木区 主宰
1979年1月11日生まれ
所属事務所 ALBA
つづきを読む

メッセージを送る

メッセージや仕事の依頼、決闘のお申し込み等はコチラのフォームへ。
返信をご希望の方は、
お名前・メールアドレスをお忘れなくご記入ください!!

Powered by NINJA TOOLS
Twitter
Others
Mobile
qrcode
リンク
アーカイブ

Sponsored links
<< 観たり聴いたり | main | 鈴木区の不穏なうごきについて! 〜乱歩奇譚とかまぴぽとか翔べスペとか〜 >>

生ガキの脅威に耐え忍び、無事にワークショップ終了!

いやあ……

過去最大のピンチだった……。

 

何がって?

 

ワークショップだよ!!!

 

 

iPhoneImage.png

……まずは、

第何回目かとなる、声優教室カリスノードさんとのコラボワークショップ企画、

ぶじに終了いたしました!!

 

今回は、過去最多参加人数である20名超えのレッスン。

鈴木区過去作品である『いるわけないしっ!』の台本を使ってのメソッド訓練(&発表)でしたよ。

過去のWS参加者もけっこういたので座学は軽めにして、早速の読み合わせ。

 

みんな上手!

上手だと困る!(教えるものがないから)

 

その後は立ちながらの演出稽古。

2チームに分かれての演出となりましたが、見事に色が分かれましたね〜。

各自の工夫もしっかり垣間見え、僕自身も学ぶことの多い一日でした。

 

iPhoneImage.png

演劇の基本は「アクション=行動」。

まずは行動で表現すること。

「その場でやったこと」がすべての答えであって、ミスも成功も含めて、自分が動かなければ何も起こらないんだ、ということを今回のワークショップで(ていうか毎回)学んでもらえていたら嬉しいな。

 

とはいえ。

あの限られた時間の中で得られる経験なんて微々たるものかもだけど。

それでも人生を前進させるキッカケになってくれていたらなーと……そんな思いで毎回やってます。

これはワークショップに限らず、鈴木区公演そのものも、だけど。

 

iPhoneImage.png

今回のスタッフ?メンバー。

カリスノード校長の布施雅英氏と、メンバー戸田、本田、橘。

あ、髪黒くしました。

メンバーの3人は共に『いるわけないしっ!』経験者ということもあり、いい感じに参加者さんをサポートできたのではと!

 

そして改めて、布施氏の発声指導、スゲェ!!

はじめはカタかった一人ひとりの声がみるみるクリアに。なんだあれは魔法か!?

 

 

……で、ここで冒頭の話に戻るんですが。

 

じつはWS前日まで、食中毒で苦しんでたんですよ!(笑)

原因は当該ツイートを参照ください。

https://twitter.com/soupnorm/status/966324563826024448?ref_src=twcamp%5Eshare%7Ctwsrc%5Eios%7Ctwgr%5Eother%7Ctwcon%5E7100%7Ctwterm%5E3

 

そう。生ガキだ。

あやうくWS中止を検討していたほどの事態でした。

よかった……ノロじゃなくって……よかった……インフルじゃなくって本当に……。

(にしてもこの布施氏の浮かれたツイートが今になってみるとメッチャ滑稽だ)

 

 

 

ワークショップは、今後、いろんな形を想定して継続していこうと考えています。

一日こっきりじゃなく複数日にするのがいいのか、

そもそも発表は必要なのか、

初参加者と常連は同じ内容でいいのか、

……などなど、日々打ち合わせしたりしてなかったり。

 

僕らのワークショップは毎回少しずつ形式を変えてやっているのだけど、もっとお互いにとって得るものの多い時間を準備できるよう、ブラッシュアップしていきますね。

 

 

そして、今回に限らず、「鈴木区に出たい」と言ってくれる方が多くて、シンプルに嬉しいです。

WSはオーディションではないので、これまではそういう目でみんなを見てはいなかったんですけど、昨年末にやった若手公演が楽しくて、「新たな仲間と出会う」という意味でもWSという場は大事なのだなー、と自分の中の考えに変化が出てきました。

今回も個性的で華のある人がいっぱいいましたね!

なんとかして、みんなと、学びの場だけでなく、一つの作品を作っていけるような企画やキャスティングを考えていきますので、具体的なあれこれは、もう少し待ってくださいね。

 

まずは6時間半もの長丁場、お疲れ様でした! また会いましょう!

 

 

 

最近買ったお気に入りの靴。

iPhoneImage.png

| 17:18 | 鈴木ちゃんのほふく前進!EX |

スポンサーサイト

| 17:18 | - |

当ブログにおける画像・文章等を含む、すべての素材の無断転載・使用・配布を禁止します。
Copyright(c) 2008-2009 Tomoharu Suzuki All rights reserved.